なかなか妊娠できない奥様とその旦那、近隣の少年を我が子のように愛でていたのだが… その3(笹川蓉子)