どこにでもありそうな出来事だったのに、それを理由におかしくなってしまう女の性 その2(折原ほのか)